この3月に受けた大規模 Shadowsocks規制,3つの特徴

かべネコユーザーの皆様

こんにちは。かべネコです。いつもご利用いただきありがとうございます。

規制直後の様子

昨年の9月から半年以上,規制らしい規制がありませんでしたので,こんな感じ↑で,安心していたのですが,3月1日夕方にShadowsocksサーバー6台の内,3台のグラフが死んでしまっていました。日本時間午後6時丁度です。ユーザーコメントでも頂いたとおり,他社VPNサービスもかなり規制を受けたようです。

かべネコでは翌土曜日の朝,全ユーザー様に利用可能サーバーについて連絡を差し上げた後,緊急休日出勤で新規サーバーをリリースいたしました。

規制の背景

ほぼ間違いなく3月5日から始まる 超重要会議,全人代 に伴う規制です。

これは以前から変わらないタイミングではあるものの,幾つか特徴がありましたのでまとめてみました。

 

特徴1 つながるユーザーも存在

以前の規制と異なる点は,100%の規制ではなく,つながる地域も残っていることです。この通信量(トラフィック)グラフの6時以降もピクピク動いていますので,数%のユーザー様はそのまま継続して利用できていました。

昨年夏に受けたL2TP方式への規制 では100%カットの見事な竹を割ったような規制とは随分違う様相です。

↓昨年夏7月30日,L2TP方式規制時のグラフ

特徴2 規制を受けたのは,あのShadowsocks方式

Shadowsocksは,もともと規制に強いはずの方式でした。ですので,6台の内3台に規制が入ったのは意外ではありました。

ウワサでは,中国技術陣が,人工知能(AI)による規制を開発中という話はありました。もしかしたらShadowsocksを見分ける方法を開発しのかも知れません。しかし,そうであれば全サーバーに規制がかかるはずです。逆に考えると半数のサーバーは無傷であったのは,やはりShadowsocks方式の強さにあったからでは,と考えてよいのかも知れません。

特徴3 IKEv2 方式はなぜかノーマーク

IKEv2方式は,とてもVPNらしいVPNです。ShadowsocksはVPNの顔をしていないので見分けが難しいのに対して,IKEv2は,通信をモニターすると一目見てVPNと判ってしまいます。

なのに,なぜ規制しないのか??

これは不思議です。例えば一般的なサイトでもIKEv2を簡単に規制できます。たとえばHulu,Netflix などの映画視聴,5CH掲示板はIKEv2による接続を拒否します。簡単に規制できるのです。もちろん国家レベルではいとも簡単に遮断できます。

もしかしたら,多くの企業ユーザーが使っているので,規制を控えたのかも知れません。一方,Shadowsocksの多くは個人ユーザーという違いがあるためかも知れません。

 

いずれにしましても,かべネコとしましては,引き続き接続性の向上に努めてゆきます。

コメントはこちらから

メールアドレスは非公開です。

*画像の文字を入力して下さい